サイトマップ | コンタクト | Saint-Gobain

ホーム > 事業部案内














 事業部案内  

サンゴバンアブレイシブズの世界ネットワーク


USAサイト


ヨーロッパサイト



フレキソビットブランド


カーボランダムブランド


メリットブランド


ウィンターブランド


ニンバスブランド

 
   
研磨材製品で世界トップシェアのサンゴバングループメンバー  
サンゴバン株式会社、アブレイシブ事業部はサンゴバングループの 革新的材料セクター (Innovative Materials) に属します。 その起源は1885年にアメリカ、マサチューセッツ州、ウースター市にて総合研磨材メーカーとして誕生した 「ノートンカンパニー」 まで遡ります。
1990年に 「ノートンカンパニー」 はサンゴバングループの傘下に入り、ノートンブランドの製品群の下、グループの一員として、製品の生産、販売に携わっております。 
 
   
「ノートン」 - 125年以上の歴史を誇る研磨材工具の総合カンパニー  
「ノートン」は1885年、米国マサチューセッツ州のウースター市で初めて人工の金属用砥粒 「アランダム」 (アルミナ砥粒)を開発した 「ノートンカンパニー」 のブランドです。 人工金属用砥粒の取り扱いと同時に、当時の急拡大する工業界の一翼を担うべく研磨材砥粒を使用した様々な研磨材製品を製造を開始いたしました。  今日ではアルミナ砥粒、ジルコニアアルミナ砥粒、シリコンカーバイド砥粒、そして最新のセラミックアルミナ砥粒からCBNや人工ダイヤモンド砥粒を使用した数多くの切断、切削、研削、研磨製品群の開発・製造・販売を行っています。 現在、自動車産業向けの研削工具からDIY用途のサンドペーパーまで幅広い 「ノートン」 の研磨材製品群がデイリー作業で使用されています。  
   
ノートンの5つのアブレイシブセクター  
フルレンジの研磨材製品を揃える事ができるのが「ノートン」です。   
  当事業部の製品はタイプ別に五つの
- レジノイド砥石 (Thin Wheels - TW)
- 研磨布紙、不織布製品 (Coated Abrasives - CA)
- 一般砥石製品 (Bonded Abrasives - BA)
- ダイヤ・CBN砥石製品 (Super Abrasives - SA)
- 建設用ダイヤ工具 (Construction Products - CP)
        に分類されています。 
 
フェノール樹脂レジンを媒体として、砥粒を結合し、成型された切断・研削・研磨砥石。 布や紙などのシート状の基材に砥粒を塗布した研磨布紙と不織布製品。  ビトリファイドや、オーガニックボンドを使用して、成型された研削砥石。  人工ダイヤモンドや窒化ボロン砥粒などの超砥粒を使用して成型された砥石。  ダイヤモンド砥粒を使用し、建設作業用途で使われる切断、削孔、研削工具。
 
       
         
  ホーム > 事業部沿革    

アブレイシブ事業部 千葉製造所
 事業部沿革    
日本に於いては1950年代初頭から創業開始。   
当事業部の起源は1952年に設立された 「マイカイ貿易株式会社」 と1953年に創業された「日本クリステンセンダイヤモンド工業乾を母体とし、様々な合併を繰り返し、現在の 「サンゴバン株式会社 アブレイシブ事業部」 に至ります。 製造工場は主に国内のお客様の多様なニーズに迅速に対応すべく、千葉に最新鋭の設備を取り揃え、生産を行っております。 また、北海道、東京、大阪、福岡に営業拠点を構えております。  
       
       
       
  ホーム > 環境方針    
        環境方針                   
   
       
 当事業部 千葉製造所の環境ISO方針

基本理念   
サンゴバングループは「産業廃棄物ゼロ」を憲章に掲げ、世界中で地球環境保全と環境汚染防止の活動に取り組んでいます。
サンゴバングループの一員であるサンゴバン株式会社 アブレイシブ事業部 千葉製造所は、地球環境保全を重大な義務と認識し、自然を湛えた母なる現在の地球を次の世代へ引き渡す行動をします。

環境方針
千葉製造所は、機械工具におけるダイヤモンド工具の製造を主とした活動を行っています。

1.本環境方針は、環境に影響を与える千葉製造所の全ての事業活動、製品及びサービスに適用し、全従業員参加の活動により地球環境保全と環境汚染防止に努めます。

2.環境マネジメントシステムの構築と定着化のため、内部環境監査や環境パフォーマンスの管理により、継続的な改善を進めます。

3.千葉製造所に適用可能な関連法規や社会的約束、及びその他の要求事項を順守し、地球環境への影響のより少ない製品開発と生産を行います。

4.著しい環境側面を特定し、目的・目標を定め、定期的な見直しを行い、環境管理体制を確立し、資源の有効活用のため、排出物の減量化、再資源化及び省エネルギーに取り組みます。

5.環境方針は、千葉製造所全従業員、並びに協力会社に周知、徹底し、社外へも公表します.。



      2008年7月17日
サンゴバン株式会社
アブレイシブ事業部 千葉製造所
事業部長      黒田 聡
環境管理責任者  関 光夫
千葉製造所社員一同
  
     
   
       
       
 
cSaint-Gobain サイトポリシー | サイトマップ | 他事業部ウェブサイト